腰痛とストレスのお話



今日のJR線、電車の事故でダイヤが大幅に乱れています。

僕が乗る電車も30分以上も遅れていました。
通勤の方々の顔を見ると、皆さん疲れ切っている様子。

笑顔の人など1人も見かけませんでした😭

今日は腰痛とストレスのお話を

僕は今まで、歩けないくらいのぎっくり腰を2回やった事があります。

2回とも、会社に勤めていた時でした。

1回目は、スポーツウエアメーカーに勤めていた時
僕はスキー担当で、東北、甲信越、北海道と、毎日のように出張していました。
スキーシーズンは、夜中まで仕事なんか日常茶飯事、朝までなんて事もしょっちゅうでした。

東北に出張するある日のこと、スキーウエアとか沢山の荷物を抱えて、新幹線のホームに向かおうと、階段を上っていたら、

急に腰が「グキッ」となりました。

そのあとは階段で一歩も動けず、その場で会社に電話して、出張は取りやめになってしまいました。

2回目は、心理職としてある会社に勤めていた時。

転職した直後で、新しい環境での仕事に慣れようと必死でした。結構疲労がたまってたと思います。

いつものように大好きな海で気分転換!!
ということで、朝からサーフィンをやっていたら、

「グキッ」
とやってしまいました。

会社には、転職直後という事もあって、「サーフィンで腰を痛めちゃいました」とはいえませんでした(笑)

この2つの出来事に共通している事。

1つは ぎっくり腰 笑

もう1つは、心身ともに疲れていた事。
そしてかなりストレスを抱えていた事。

僕の2つのぎっくり腰は、
新幹線ホーム階段を上ぼっている時、サーフィンしている時、

突然急に起こったみたいに思いますが、急に腰痛になったんではないんです。

普段の生活で、腰に負担のある姿勢をとり(長期間)、腰が疲弊し続けていました。

そして、疲弊してしまった身体にさらにダメージを与える事が、「ストレス」です。

僕の2つのぎっくり腰は、
ぎっくり腰になる前、何か月間も、夜中まで仕事をしていたり(体のストレス)、営業成績達成ために精神的にストレスを抱えていたり(心のストレス)、ストレスをかなり受けている状態でした。

フィジカルの負担とストレスの負担で、身体は限界の状態だっんですよね。

その時、たまたま新幹線の階段やサーフィンで、
「これ以上無理でーす❗️😭」っと腰が悲鳴をあげたんだと思います。

身体のケアはもちろん、心のケアも必要なんですよね。

腰が痛くなったら、「今ストレスフルじゃないかなー?」ってチェックしてみてくださいね。

———————————————————————

腰痛、肩こり、頭痛、坐骨神経痛はキズキスマイルにお任せください!

カラダとココロのフィットネス」
kizukismile (キズキスマイル)


鎌倉市材木座3-9-26 A-1 2階
Tel 09085907598
Mail:kizukismile@gmail.com
HP:http://www.kizukismile.com

営業日: 月 火 木 金 土
営業時間:11:00〜18:00
駐車場ございます。
出張、時間外対応いたします。
各種カードご利用できます。

東京出張施術(水、日)行なっております。

ココロとカラダを笑顔にする! kizukismile(キズキスマイル)

ココロとカラダを笑顔にする kizukismile(キズキスマイル)代表の宮﨑英治です。 ビジョントレーニングインストラクター、ボディートーク施術士、カイロプラクター、メンタルトレーナー、臨床心理学修士の肩書を持ち、様々なアプローチを駆使しながら人間本来の力を高め、あなたのココロとカラダを笑顔にします。

0コメント

  • 1000 / 1000